ふたり、暖(のん)びり暮らし

ふたり、暖(のん)びり暮らし
ゆったりと家庭菜園をしながら田舎の暮らしを楽しむ方に建てられた家。居間には薪ストーブがあり、火の世話をしながらぼーっと自分の時間を過ごすことができます。囲炉裏では気の置けない仲間と炭火を囲んだり、人と人との温かい時間を過ごしてもらえます。
こうした空間が末永く愛着をもっていただけるために、素材や設計にも理由や由来があります。
地元の風土を知る大工が構造から化粧柱まで手刻みで建てた伝統的な木造軸組み工法を使用。二階の天井を走る梁には、毎年行っている森林体験ツアーで伐採したヒノキを使いました。施主には新築を支える大黒柱を選定してもらえます。

撮影:ながおかスタジオ