facebook instagram 社長blog スタッフblog 問合せ 
思い出と明日が交わる家
思い出と明日が交わる家

” ただいま。

長旅から帰ったようなほっとする 新しい匂いがする我が家

途切れてしまっていた 思い出と再会し 今度は二人で新たに過ごしてゆこう

しずかに 穏やかに”
思い出と明日が交わる家
趣のある建具や間取りはそのままに

他県で暮らしてこられたご夫妻。第二の人生のスタートにご両親から家を譲り受け、
思い出の残る嵐山の家へ移り住むことになりました。

朝日と風が入る斜面の家は、築30年が経ち老朽化がずい分と進んでいました。
構造の柱を太く補強し、新築と同じ住宅耐震の数値に上げました。
南東に面するリビングは昔のまま、広い窓と縁側を残しました。
明るく過ごしやすい空間になってご夫妻も満足のご様子です。
建具も丁寧な手仕事で作られたものや思い出の物は、
この家にしかない大切な財産。綺麗に洗われ再生されています。
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
施工事例,写真
/ その他の例を見る /

京都市の工務店・設計事務所 (株)小野建築設計では、「木の家・木の住まい」の注文住宅・リノベーションをこれまで数多く担当させて頂きました。
/ 家づくりに興味がある方へ /